スミレなおとめのポリシー


宝塚歌劇とタカラジェンヌのことだけのブログです
by ryu-zuka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
スミレ道
最新のトラックバック
私の趣味=ヤフオク
from 趣味について
安蘭けい
from 演劇すきやねん
追加やよ
from ♪愛♪ある戯れ言
[!][zuka]贅沢カルタ
from tous les jours..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

3泊4日台湾

旅行前に日記ブログ(http://d.hatena.ne.jp/maki-ryu/)を更新しようと思ってたのに、はてなに不具合があって、更新できませーん。

ケーブルで映画を観ながら、何度も「もう復旧してるかしらー?」とチェックしてたら、結局眠れなかったです。
おうらみもうします>はてなダイアリー

というわけで、今日(9/17)から20日まで台湾です。
最近あったいろいろな問題が一段落したので、明るい気分で出かけられます。
一時は、もう旅行は中止だな…と思っていた(旅行の予約をしたのは問題発覚以前だったので)のが嘘みたいです。

うわ、荷造り半分以下しかやってないー。いいかげんにPC前を離れます。

ではでは〜。
[PR]

# by ryu-zuka | 2006-09-17 05:23

現実逃避は「ゼンダ城」で

スカステニュースで、高城けいさんの退団記者会見を見ました。
いろいろ詮索したり考えたりするのがしんどいので、他のことをしながらちらちら見る程度しかできませんでした。

現実と向き合えない今のあたしが繰り返し観ているのは、「ゼンダ城の虜」の新人公演映像です。
霧矢大夢さんが主演で、大和悠河が2番手(おそらく)。

霧矢さんの若き王様!いいじゃないですかー。かっこいい!すっごくいい!最後のご挨拶具合もいいわー。程がいいっていうのかなあ。すばらしくいいご挨拶だと思いました。

悠河ちゃんもすてきー。黒いお衣装がすっごく似合ってますー。これ好きだー。
暗い気持ちをやけっぱちな明るさに転換させてくれるすばらしいお歌!♪差し出された杯だぁ!♪いいわー。

きゃ!遼河はるひちゃんの悪役すてきー。なんつーか、落ち着くー。
白羽ゆりちゃんも、紫城るいちゃんも居る!

観てるだけで楽しいです。
当分これで乗り切ります。
[PR]

# by ryu-zuka | 2006-09-08 09:42 | スカイステージ

非ヲタ(一般の人って意味ですね)の宝塚知識

jj(扶養家族/女子高生)が、「親が宝塚好きなんだよー」とクラスのこに言った(ミュージカルの話をしてて、そういう話になったらしい)ら、複数のこに「月組?」と言われたそうだ。
なんで「月組」なんだろう?
宝塚と言えば「花組」じゃないんだろうか?一般の人がなぜ「月組」をまず思い浮かべるのだろう?なんか理由があるのかな?

ちなみに他には「そら組」ってのがあるのを知ってるこが居たそうだ。
他の組の名前は出なかったってー。

jjのクラスのこで、「和央ようか」というタカラジェンヌが居ることを知ってたこが居たらしい。
新聞かなんかで見たという程度のことで、宝塚を見た事はないらしく、他には誰も知らないと言ってたそうだ。

しかし、その和央さんの名前を知ってるこは「和央ようか」を「カズオヨウカ」だと思ってたらしいです。
なんかすごいですよね、「カズオ ヨウカ」。

宝塚のことをまるで知らない人の話って新鮮だわ。
[PR]

# by ryu-zuka | 2006-09-07 19:00 |

貴城さん!

美郷+寿トーク番組のことを書きたい〜と思って、PC前に来たら、ヅカ先輩から目を疑うようなタイトルのメールが来ているのを発見。
タイトルは「宙・かしげが卒業です」。
すごく驚きました。

無理矢理じゃなく、貴城けいさん自身の希望かもしれない(むしろそうであってほしいぐらいだ)けど、いくらなんでも早すぎるんじゃないでしょうか?
お披露目公演がさよなら公演だなんて、気持ちの持って行きようがないですよね。

貴城さんのファンの方の気持ちを考えると、泣けてきてしまいました。
あたしは駄目人間なので、こんなことをされたら、あたしだったら見捨てられたような気持ちになってやさぐれてしまうだろうなあと思います。
つらい気持ちを乗り越えて、お披露目におめでとうを言い、同時にさよなら公演だから気持ちよく卒業を見送るなんて、そんなこと絶対無理!

本人の希望でこういうことになったと確信できたら、がんばれるかも?いや無理か…。

あたしは悠河ちゃん推しなので、これでトップかしら?とうっきうきしてると思われるかもしれませんが、そんなことは全く考えていません。
ただただしんどい、つらい気持ちです。
[PR]

# by ryu-zuka | 2006-09-06 10:48 | タカラジェンヌ

星・雪トップ娘役内定

朝食を食べながら、新聞(朝日/社会面)を読んでたら、「トップ娘役決まる」の見出し。
とうとう雪組の娘役ちゃんが決まったのね、と思ったら、そこには写真が2枚。
なんで〜?と思ってよくよく読んだら、

白羽ゆりちゃんが星組から雪組に移動。
星組のトップ娘役に専科の遠野あすかさんが決まった。
ということらしい。

なんだかわさわさしたかんじですねー。
白羽ゆりちゃんがわざわざ雪に移動するのはどーしてなんでしょうか?あたしには謎だ。
事情通の方には納得の人事なんでしょうか。

宙組公演は、美郷さんと悠河ちゃんが居るから見逃せないし、
月組公演は、霧矢大夢さんと、大空祐飛さんと、遼河はるひちゃんが居て(めっちゃゴージャス!)、しかも秋からは出雲綾組長だから見逃せないし、
星組公演は、(湖月わたる退団後も)白羽ゆりちゃんと安蘭けいさんが居るから見逃せないし、
雪組公演は、(朝海ひかる退団後も)水さんが居るから見逃せないと思っていたので、
娘役人事がこうなったって、花組以外は(できる限り)観るというあたしの方針に変わりはないんだけども、なんかいっそがしいな〜という気持ちになってきますね。

何も忙しくなんてないんだけどもさ。

とにかく、白羽ゆりちゃん、遠野あすかさん、おめでとうございます。
わくわくしながらお披露目を待っています。
[PR]

# by ryu-zuka | 2006-08-30 09:47 | タカラジェンヌ

美郷=音月(衣装がだけど)

何を観ていても、美郷さんなら?と思ってしまう毎日。
ケーブル録画で観るどんな映画も美郷吹き替え。
全てのチャンネルが宝塚スカイステージ化しております。

たまには美郷以外のものも観なければと、「ローズガーデン」を観ておりましたら、音月桂さんの天使(妖精か?)の衣装は、髭パックの衣装とまるで同じなのでは?と気がつきました。
髭パックの舞台写真はないので、単にちょっと似てるだけの衣装なのかもしれないけど(いや、かもしれないんじゃなく、多分そう似てるだけだろうけど)。

貴公子音月さんと髭美郷さんが同じテイストの衣装を着てるように見えるなんてなああ。
ローズガーデンの音月さんの役を美郷吹き替えさせて考えてしまった…。
しかも芝居を辞めて、かつらを取ったとこの首から上が普段のグッドリッチ、首から下が妖精パックバージョンの美郷さんで。
髭パック衝撃の影響力ってすごいわー。

先週末で「UNDERSTUDY」は終わってしまったというのに、あたしはまだ美郷グッドリッチ氏のことを考えている。
馬鹿みたいだけど、幸せだ。
[PR]

# by ryu-zuka | 2006-08-29 16:23 | 妄想

和央ようか写真集「stage」

「UNDERSTUDY」観劇後、キャトルで買い物しました。

「UNDERSTUDY」のパンフは美郷さんの写真が少なすぎた(たったの1枚)ので買わなかった。(舞台写真の発売に期待してます!ぜひ髭パックとグッドリッチのダンスを発売してください!)
星組コパと宙組コパの舞台写真でいいのがあったら買おうと思ってたんだけど、白羽ゆりちゃんのも、悠河ちゃんのも、「これじゃない!これじゃないのよ!」と言いたくなる、あたしのツボをはずしたものしかなかったので、買わなかった。
星組コパのル・サンクも見てみたけど、やはりあたし的にいいなと思う写真はなかったし、シナリオが載ってなかった(ですよね?)ので、やはり買わなかった。

結局、以前から欲しいと思いながらも、和央さんに写真集を買うほどのめり込んでないのにいいのかしら?と妙に遠慮して買ってなかった「stage」を買いました。

お稽古写真ってすっごくいいですよねー。
スカステや、DVDの特典映像でさんざん見てるから、もういいだろうと思ってたんだけど、別の魅力がありました。
写真集だと、「同じ場所に立ってて、すぐ側で見とれている感覚」が生まれるんですね。
映像より距離が近いかんじ。
実際あたしのほうが年上なのに、下級生気分が味わえます。
「和央先輩すてきー」みたいな。
写真集は映像と比べると百合度が10倍と言ってもいいかも。

美郷さんが映ってないのは残念だけど、悠河ちゃんはちょこちょこ写ってて、そこもあたしにはお得なかんじ。
悠河ちゃんと和央さんの2ショットは、百合ながらにBLというてんこもり系の魅力です。

2番煎じと言われてもいいから、朝海ひかる版「stage」も撮ってほしい!と強く願っております。
[PR]

# by ryu-zuka | 2006-08-25 10:00 |

和音美桜ちゃんの歌声を求めて

「UNDERSTUDY」での和音美桜ちゃん歌声にしびれてしまったので、最近聴いてなかった「ネバセイ」の実況CDを聴き直した。

第8場のラ・パッショナリアの歌のとこ。
舞台ではすっごくかっこいい場面だけど、曲だけだとそんなによくは聞こえない。
こういう曲じゃないのが聴きたい。
エレンの♪あの人のど〜こが わたしよりいいの〜♪を和音美桜ちゃんの歌で聴きたい。

和音美桜ちゃんの歌が堪能できるCDは童謡のCD以外出てないのかしらん?
「UNDERSTUDY」の実況は出ないのか。出てほしいなああ。DVDは出るよね?スカステで放送されるのを待たずに買ってしまうか。

もしかして、外部出演した時の実況CDとかは出てるんだろうか?
ジャニ系の人に聞いてみよう。
[PR]

# by ryu-zuka | 2006-08-24 10:00 | DVD・ビデオ・CD

ファンレターを書いてしまった

美郷真也さんにファンレターを書いてしまいました。
しかも出した。わー、やってしまいました。

仕事中に、美郷さんが男装歌劇を辞める日がきたら?と考えてしまい、不安のあまりファンレターを書き出してしまった…。
ファンレターに退団を遅らせる力なんてないわよ、辞める時は辞めるのよ、とも思うけども、あたしだって、コメントが全くつかなかったら、ブログを続けてはいなかっただろうなあと思うので、書かないよりは書いたほうがましかも?と思ってしまったんですよねー。

人生2度目のファンレター(すっかり忘れていたが、初ファンレターは初風アントワネットに出したんだった。サイン入りブロマイドとお返事を頂いて大喜びしたのに、忘れてしまうものですわね〜)、しかも仕事中、会社のPCで。
花柄便せんじゃなく、アスクルのリサイクル紙A4サイズで。

タカラジェンヌにファンレターを出したと、周囲の人の人に言うとすっごくキモがられますね。
予想を越えた激しいリアクションがあります。
「キモっ」「しんどいー」「きつい…」「わたしですらよっすに出したことないのに…(よっす推しのキモヲタ先輩からメールで)」
最初は「そんなに言わなくても…」とか「そんなにひどいキモヲタ行動だったのか?」と思ってましたが、だんだんキモがられ方が少ないと満足できないという症状が出るようになりました。

あたしがタカラジェンヌにファンレターを書いた話をしたら、思う存分キモがってくれていいですよ。ふふふ。
[PR]

# by ryu-zuka | 2006-08-23 10:00 | タカラジェンヌ

「UNDERSTUDY」@バウ

美郷真也と立ともみ目当てで観に行ったのに、開演後いつまで待っても美郷さんが出てこないので、ちょっと焦った。
あれ?あたしの勘違いだったかしら?美郷さんご出演作品じゃなかったでしたっけ?とまで思いましたよ。
だって、ちらしに書いてある中の美郷さんがやりそうな役は、もう全員出ちゃってましたものー。
HPで配役表をちゃんと確認してなかったあたしも悪いんですけど。

心配のあまり、和音美桜さんの美声に集中できませんでした(集中できてなくても、ぐわっとわしづかみされてしまうような美声ぶりでしたから、いいんですけど)。

しょげてしまいそうになったところに、美郷さんが登場。
ちらしに写真が出てなかったので、今回の役が髭役かどうかも分かってなかったんですが、髭があって、しかも相当濃そうなので、一気にテンションが上がりました。

あたしの好きな美郷さんの魅力が全部つめこまれてるような役で、美郷さんが登場してからは舞台の中央が上手寄り(美郷さんは上手に居ることが多かったので)にズレてしまったような感覚がありました。
あたしはは列の中央の席だったので、それまでど真ん中で観てるなあと思ってたんですけど、いきなり端の席感覚。

グッドリッチのダンスは、「ネバセイ」のパオロが♪たしかに今のスペイン共和国 選挙の結果 社会主義の国になったけ〜れど〜 資本主義国の敵ではありません …♪と歌い踊る時を思い起こさせる魅力的なものだったし、髭パックのすばらしさは、もう髭のないパックこそが邪道よ!と思ってしまうほどのものだったです。

完全につかまれました。

もう美郷さん無しの人生は考えられません。

もちろん悠河ちゃん無しの人生も、朝海さん無しの人生も考えられないのですが、悠河ちゃんや朝海さんは男装歌劇を辞めて女優さんになっても禁断症状は起きないかも?とりあえず舞台に立ち続けてさえくれればいいかも?と思えるところが美郷さんとの大きい違い。

美郷さんの男装歌劇を観られなくなる人生なんて、あたしには耐えられないかもしれない。
グッドリッチと髭パックにはそこまで思い詰めさせられてしまいましたわー。

もちろん、立さんもよかったし、和音美桜さんの歌にもしびれたんだけども、あたしにとっては美郷さんが主役の演目でした。
この際苦手なシェークスピアも、え?そんなどうでもいい結論なの?みたいな筋もこの際どうでもいいの!美郷だけ観るのが正解なのだわ!というイカレ感想がぐるぐる回る帰り道。
人生がこれほどつらく忙しい時期じゃなかったら、初めて通い詰める演目になったかもしれないなあと思いました。
[PR]

# by ryu-zuka | 2006-08-22 11:00 | 舞台